中国投資環境
  • 華北地域
  • 華東地域
  • 華南地域
  • 華中内陸地域

北京、天津、青島、大連、

北京市
【概要】
北京市は中国の首都であり、1258年に元の首都となって以来、750年余りにわたって政治の中心を担ってきた。2008年のGDPは11,865.9 億元と、中国本土では上海市に次いで第2位である。国家級の開発区としては「北京経済開発区」、「北京天竺輸出加工区」、「中関村科技園」などがあり、90年代から日本の大手企業が進出している。在留邦人は上海、香港に次いで中国第3位であり、市内に日本人学校もある。
【基礎データ】
書記 郭金龍
市長 王安順
面積 16,410.54 平方キロメートル
県、県級市・区 東城区、西城区、朝陽区、海澱区、豊台区、石景山区、門頭溝区、房山区、通州区、順義区、大興区、昌平区、平谷区、懐柔区、密云県、延慶県
常住人口 2,114.8 万人(2013年)
戸籍人口 1,316.3 万人(2013年)
GDP 19,500.6 億元(2013年)
市政府URL http://www.beijing.gov.cn/
中国日本商会 http://www.cjcci.biz/public_html/index.html
天津市
【概要】
中国の4直轄市のうちの一つで、渤海湾に面する中国北部最大の港、天津港を擁する港湾都市である。また北京に隣接し、鉄道で30分のアクセスが可能な点にも進出の利点がある。国家級の開発区としては、「天津経済技術開発区」、「天津濱海ハイテク産業園区」、「天津港保税区」、「天津保税物流園区」、「天津輸出加工区」があり、自動車・化学・電機・ハイテクなどの産業を中心とする日本の大手企業が進出している。在留邦人は3,284人と中国で8番目に多く、日本人学校もある。
【基礎データ】
書記 孫春蘭
市長 黄興国
面積 11,919 平方キロメートル
県、県級市・区 滨海新区、和平区、河東区、河西区、南開区、河北区、紅橋区、東麗区、西青区、津南区、北辰区、武清区、宝坻区、寧河県、静海県、薊県
常住人口 1,472.21 万人(2013年)
戸籍人口 1003.97 万人(2013年)
GDP 14,370.16 億元(2013年)
市政府URL http://www.tj.gov.cn/
天津日本人会 http://www.tjja.net/
青島市
【概要】
山東半島の南端に位置し、全国14ヶ所ある沿海開放都市の一つ。中国における北東アジアの国際航空センター、国際港、全国総合交通網等物流のハブの一つとして位置づけられている。海洋性の温暖湿潤な気候で、春遅、夏涼、秋爽、冬長と言われる。海岸線が長く、海浜リゾート地としても知られる。ドイツに租借された歴史から、異国風の家並みが今も残る。山東省最大の工業都市で、韓国と日本は青島の最大の投資国とされる。
青島ビール、ハイアール(海尔)、ハイセンス(海信)等は地元の全国トップブランドとして有名。
【基礎データ】
書記 李 群
市長 張新起
面積 11,282 平方キロメートル
県、県級市・区 市南区、市北区、四方区、李滄区、嶗山区、城陽区、黄島区、膠州市、即墨市、平度市、膠南市、莱西市
常住人口 896.4万人(2013年)
戸籍人口 769.56 万人(2012年)
GDP 8,006.6 億元(2013年)
市政府URL http://www.qingdao.gov.cn/
青島日本人会 http://www.qingdaojs.org/qd-nihonjinkai/index.html
大連市
【概要】
中国東北地域、遼東半島の南端に位置し、東は黄海、西は渤海に面し、南は山東半島を望む。大陸性モンスーン気候で、年間の平均気温は10.5℃。計画単列市、沿海開放都市の一つで、省レベルの行政権限を持つ。東北最大の港湾を有しており、工業、港湾、旅行産業都市である。近代史においてロシア、日本との関係が深く、当時を偲ばせる建物等が残っているほか、歴史的背景から、日本語人材が豊富である。遼寧省において経済、対外貿易、外商投資企業の直接投資等を牽引する地域であり、主要産業には設備製造、造船、物流などが含まれるが、近年は電子情報産業、及びアウトソーシング業務への投資額も増加している。
【基礎データ】
書記 唐軍
市長 李万才
面積 12,574 平方キロメートル
県、県級市・区 中山区、西崗区、沙河口区、甘井子区、旅順口区、金州新区、瓦房店市、普蘭店市、庄河市、長海県
常住人口 617.6万人(2012年)
戸籍人口 591.4 万人(2013年)
GDP 7650.80 億元(2013年)
市政府URL http://www2.dl.gov.cn/gov/
大連日本商工会 http://www.jcci-dalian.org/

上海、蘇州、

上海市
【概要】
上海市は中国最大の経済都市であり、2008年度のGDPは13,698.2億元、中国全体の4.6%を占める。建市から700年余りの歴史を持つ都市であり、略称を「瀘(泸)」という。改革開放後、1990年代より浦東開発プロジェクトが開始されてからは、国際金融都市としての発展を遂げた。2010年には上海万博を成功させ、中国の経済発展を世界に印象付けた。
浦東地区には「陸家嘴金融貿易区」、「金橋輸出加工区」、「外高橋保税区」、「張江ハイテク区」が設けられ、日本を代表する企業が多く進出している。上海市の在留邦人はニューヨークを超え48,179 人(2008年)と世界第1位である。日本人学校は虹橋校と浦東校の2校がある。
【基礎データ】
書記 韓正
市長 楊雄
面積 6,340.5 平方キロメートル
県、県級市・区 浦東新区、徐匯区、長寧区、普陀区、閘北区、虹口区、楊浦区、黄浦区、静安区、宝山区、閔行区、嘉定区、金山区、松江区、青浦区、奉賢区,崇明県
常住人口 2,415.15 万人(2013年)
戸籍人口 1,425.14 万人(2013年)
GDP 21,602.12 億元(2013年)
市政府URL http://www.shanghai.gov.cn/
上海日本商工クラブ http://www.jpcic-sh.org/
蘇州市
【概要】
江蘇省南部に位置し、東は上海、南は浙江省に面し、西には太湖、北には長江を望む。気候は温和で四季がはっきりしており、土地が肥沃で食品等の物産が豊富である。運河と名城の観光都市としても有名であり、園林、庭園、文物古跡が多く、拙政園等9つの蘇州古典園林が世界遺産に登録されている。江蘇省の経済、工・商業と物流の中心都市であり、地級市の経済規模としては全国トップの実力を誇る。1992年に蘇州新区が、また1994年にはシンガポール政府との合作による中国-シンガポール工業園区が設立された。この2箇所に加え、昆山経済技術開発区、張家港保税区も国家級開発区であるほか、常熟、太倉、吴江、昆山等に計12箇所の省級開発区がある。世界500強企業中134社が蘇州に拠点を有しており、中国のサービスアウトソーシング産業モデル都市にも指定されている。金融危機以降、輸出依存のビジネスモデルの転換を図っている。
【基礎データ】
書記 石 泰峰
市長 周 乃翔
面積 8,488 平方キロメートル
県、県級市・区 張家港市、常熟市、太倉市、昆山市、呉江区,呉中区、相城区、姑蘇区、蘇州工業園区、蘇州高新区(虎丘区)
戸籍人口 653.84万人(2013年)
GDP 13,015.7億元(2013年)
市政府URL http://www.suzhou.gov.cn/
蘇州日商倶楽部 http://www.nisshoclub-sz.com.cn/

広州、深セン、東がん、

広州市
【概要】
広州市は広東省の省都であり、2008 年GDP は8,216 億元と広東省全体の21.9%を占める。最も古い地名は「楚庭」、他に羊城・穗城の別名がある。秦の始皇帝の時代に置かれた南海郡の郡司・番禺を起源とし、2200 年以上にわたる悠久の歴史を持つ街である。広州市は華南地域・広東省・珠江デルタへの進出を考える日系企業にとって、深圳市と並び最有力候補となる都市の一つである。日本領事館や日本人学校があり、広州領事館の発表データによると在留邦人は約5,700 人(2009 年)と広東省で最も多い。戸籍人口が常住人口に占める割合は77% と、珠江デルタの他の大都市(深圳市26.5%、東莞市25.2%)と比べて高い。これは他の2都市が「出稼ぎの街」としての性質を持つのに対し、広州市が広東省の古くからの中心地として栄え、人々が地元に根付いてきたことをうかがわせる。実際、中国人同士で日常的に使われているのは標準語ではなく広東語である。2005 年4 月の行政区分調整で東山区・芳村区が廃止され、それぞれ越秀区・茘湾区の管轄となり、新たに南沙区と蘿崗区が設置された。2010 年現在、県級市レベルの行政区分は10 区・2市となっている。
【基礎データ】
書記 万庆良
市長 陳建華
面積 7,434 平方キロメートル
県、県級市・区 越秀区、茘湾区、海珠区、天河区、白雲区、黄埔区、番禺区、花都区、増城市、从化市、南沙区、蘿崗区
常住人口 1,292.68万人(2013年)
広東省に占める割合 10.7%
戸籍人口 832.31万人(2013年)
GDP 15,420.14億元(2013年) 13,551.21億元(2012年)
広東省に占める割合 21.9%
一人当たりGDP 81,233元
市政府URL http://www.gz.gov.cn/
広州日本商工会 http://gz.nicchu.com/guest/index.php
深圳市
【概要】
深圳市は外国との取引窓口として重要な役割を持つ国際都市であり、1979年鄧小平の指導のもと、改革開放政策により、中国で最初の経済特区として、急速な発展を進めてきた都市である。2010年時点で、深圳市はハイテク産業、貿易輸出、海洋運輸、金融等多方面にわたり、中国国内で重要な地位を占めている。地理的には、広東省の中南沿岸地域に位置し、東には恵州市、北には東莞市、西には珠江を挟んで珠海市がある。特に香港と中国内陸を結ぶ地域として、珠江デルタの最前線に位置して、華南沿海の重要な交通の中枢となっている。香港と深圳間の出入国審査所は、陸・海に10箇所近くあり、香港と深圳との往来が活発であり、香港との融合を図った、いわゆる香港化が進んでいる(出入国審査所の数、出入国人員数、車両通行量は中国最多)。深圳市の大きさは東西に81㎞に広がり、南北は最短の場所で10㎞、総面積は約1,950㎢である。深圳市において経済特区といわれるのは、そのうち約395㎢であったが、2010年7月1日より深圳市の経済特区を全市に拡大することが決定され、これにより、それまでの南山区、福田区、羅湖区、塩田区の4区に加え、宝安区、竜崗区が加えられることになり、経済特区は深圳市全体へと広がり、香港の約2倍近い大きさになったことになる。
【基礎データ】
書記 王栄
市長 許勤
面積 1,991.64 平方キロメートル
県、県級市・区 羅湖区、福田区、南山区、塩田区、宝安区、龍崗区、光明新区、坪山新区、龍華新区、大鹏新区
常住人口 1062.89 万人(2013年)
広東省に占める割合 9.2%
戸籍人口 310.47 万人(2013年)
GDP 14,500.23 億元(2013年)
広東省に占める割合 20.8%
一人当たりGDP 136,947 元(2013年)
市政府URL http://www.sz.gov.cn/
深圳日本商工会 http://sz.nicchu.com/chamber1/index.php
東莞市
【概要】
東莞市は広東省の中で古い歴史を持つ地域として知られる。1985 年、珠海デルタ地域の経済開発区として、経済開発区の設置を国務院に批准された。同年県を廃止して市となり、1988 年には地級市に昇格した。現在28 の鎮と4 市区で構成されている。
市の総面積は2,465㎢で、2008 年末の常住人口は694.98 万人、そのうち、戸籍人口は174.87 万人、戸籍を持たない人口は520.11 万人である。この他海外華僑20万人、香港・マカオ人70万人余りが住んでいるとされる。
【基礎データ】
書記 徐建華
市長 袁宝成
面積 2,465 平方キロメートル
県、県級市・区 県級の行政区分はなく、34の鎮を有する。
常住人口 831.66万人(2013年)
広東省に占める割合 7.3%
戸籍人口 188.93万人(2013年)
GDP 5,490.02億元(2013年)
広東省に占める割合 9.9%
一人当たりGDP 66,109元(2013年)
市政府URL http://www.dg.gov.cn/

武漢、成都、

武漢市
【概要】
中部地域に位置する湖北省の省都で、華中地区最大の都市。「9省通衝」と言われ、内陸最大の東西南北の大都市への水・陸・空交通ハブである。長江の支流が武漢市を武昌、漢口、漢陽の3つの地域に分けている。1911年辛亥革命の引き金となった武昌蜂起が勃発し中華民国が誕生した地である。中国の重慶、成都と並び、夏は酷暑となる地域である。
武漢-広州間の高速鉄道である「武広客運専線」は2009年12月26日に正式開通した。新武漢駅から広州南駅まで全長1068.6㎞を最短3時間16分で結ぶ。長沙等15の駅に停車、料金は1等座席が780元、2等490元である。主要産業は鉄鋼、自動車、機械、石油化学、電子情報産業等。進出日系企業90社(2010年)ほどのうち、東湖ハイテク開発区への進出が45社。
【基礎データ】
書記 阮成発
市長 唐良智
面積 8,494.41 平方キロメートル
県、県級市・区 黄陂区、東西湖区、蔡甸区、漢南区、江夏区、洪山区、江岸区、江漢区、礄口区、漢陽区、武昌区、青山区、新洲区、武漢経済技術開発区、東湖新技術開発区、東湖生態旅遊風景区、武漢臨空港経済技術開発
常住人口 1,022 万人(2013年)
戸籍人口 822.05万人(2013年)
GDP 9,051.27 億元(2013年)
市政府URL http://www.wuhan.gov.cn/
武漢日本商工クラブ https://wuhan-japan.smartcore.jp/
成都市
【概要】
中国西南部の要衝、四川省の省都。西部地区8つの省市区3億の人口の中心、2000年に始まった西部大開発の拠点都市。 成都平原の中にあり亜熱帯性湿潤気候。雨量が多い。
成都双流国際空港は内陸最大の航空ハブで、世界12都市との国際直行便がある。
パンダの生息地(四川、陝西、甘粛)三省の中で、80%が成都市郊外に分布しており、野生自然保護区とジャイアントパンダ繁殖研究基地がある。
2010年外資企業進出認可プロジェクトは261件で同期比48.3%増、内、500万米ドル以上のプロジェクトは91件(新設60件、増資31件)である。
【基礎データ】
書記 黄 新初
市長 葛 紅林
面積 12,390 平方キロメートル
県、県級市・区 錦江区、青羊区、金牛区、武侯区、成華区、竜泉駅区、青白江区、新都区 、温江区、都江堰市、邛崍市、彭州市、崇州市、金堂県、双流県、郫県、大邑県、蒲江県、新津県、高新区
常住人口 1,429.8万人(2013年)
戸籍人口 1,188.0 万人(2013年)
GDP 9,108.9 億元(2013年)
一人当たりGDP 63,977 元(2013年)
市政府URL http://www.chengdu.gov.cn/