インフォメーション
掲載記事

NAC名南(青島事務所)は、山東省青島市政府が主導する日系企業誘致のためのプラットフォーム「青島日本国際ビジネスハブ」の設立に関し、日系企業への会計税務サービスを提供するコンサル会社として、2020年5月19日に青島国際経済協力区管理委員会との間で協力パートナー協議契約を締結しました。

「青島日本国際ビジネスハブ」は青島市の西海岸新区に設置される産業協力モデル区を中心に、“青島対日本開放の新境界”、“山東の対日協力の先行地”、“中国北方地域の対日交流協力の橋頭保”として、“日中自由貿易戦略の主要なプラットフォーム”となることを目標としています。

協議書の調印式は青島国際経済協力区内の青島日本国際客亭で開催され、青島市のトップである王清憲書記をはじめ、在青島日本国総領事館領事やジェトロ青島事務所所長などが祝辞を述べ、今後の更なる日中協力と発展が祈念されました。